QRコード
QRCODE
「ブーログ」トップへ
「ブーログ」管理画面にログイン
デザイナー年賀状2018 デザイン選んで即ダウンロード購入
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 0人
プロフィール
さっちゃん

小松:感想

2008年10月29日

 さっちゃん at 20:30  | Comments(0) | 小松
何かを見た感想を書こう!ブログらしいじゃないか。
この間会社を休んだ日、ビデオ屋さんでエッチなDVDを借りようとしました。
いつもはAVを借りるのだけど、音響とか勉強したかったからエロそうな洋画を借りることで我慢しました。
そのタイトルは…

『発禁本(マルキド・サドのなんちゃら)』

グッとくるでしょ!?これ見たいでしょ!?
借りた理由はDVDの帯に書いてある文がエロそうだったから。中学時代にサド伯爵(侯爵?)の伝記を読んだことがあったから。中学時代にしては刺激的な出会いだったぜ。
肝心の中身はというと、エロいシーンはDVDのジャケットにもなってる一場面程度でした。
何でこんな作品がエロ洋画コーナーに混ざっておいてあるんだろう。罠だな。


台本を読むのだけど5ページくらい読んで、一番最初に戻って考えての繰り返し。熱心なわけでは無く、イメージがわかないのです。
声を出して読んだら、多少解決されそうな気がする。早く続きを読みたいのだけど。